IC旅券

IC旅券

海外へ渡航する際に必ず必要になるのが「パスポート(旅券)」です。
近年、パスポートにはICチップが入った新しいパスポートになっています。
IC旅券にはこれまでよりも偽造を難しくするような工夫を施しています。
ICチップには、国籍や名前、生年月日や身分事項、顔写真などを記録しています。
IC旅券の導入で、顔写真を貼り替えて他人のパスポートを使用しようとしたとしても、ICチップに記録してある顔写真を照合することですぐに偽造を見破ることができるようになりました。
また各国で出入国審査のとき、ICチップに記録してある顔写真と旅券を提示した人の顔を照合できる機器が導入されており、他人のなりすましなど不正使用を防止することができます。
アメリカへ渡航するときには、IC旅券でなければビザが必要になります。
現在アメリカ以外でIC旅券でなければビザが必要だと発表している国はありません。日本たばこ産業 中途採用

 

IC旅券が導入された背景としては、パスポートの偽造や不正使用が増加しており、国際的な犯罪組織に利用されたり、不法な出入国に使われたりしていたため、安全性の高いパスポートを作ったのです。
中でも2001年に起きたアメリカの同時多発テロ以降、特にテロリストによる不正使用を防止しようとIC旅券の研究に力が注がれてきました。
パスポートは自国のものだけではなく、世界中の国で使われるため国際的に標準化する作業が必要となりました。

 

現在、日本で発給されているものは全てIC旅券になっています。
IC旅券になって申請手続きなどは変わっていませんが、次の点が変更になっています。
写真サイズは変わりませんが、写真全体での顔の占める割合が多くなりました。
申請書様式も変わりました。
発給手数料がICチップの実費分が増えて1,000円高くなりました。
旅券を受け取るときに、ICチップに記録してある情報を交付端末機で確認します。